So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

銀河鉄道の夜 [鉄道写真]


 人通りの途絶えた、かつての炭都。

 夜の闇の中、静かにたたずむ列車の姿にカメラを向けると、満天の星が見守るように輝いていた。



 銀河鉄道1.JPG

ON THE ROAD (国道44号線 浜中町) [風景写真]

 陽の没する方角に、どこまでも。

 僕らはいつも、旅の途中。

 on the road.JPG

黄昏の駅 (札沼線 豊ヶ岡駅) [鉄道写真]

 夜が来る。

 慌ただしく日暮れの色が駆け抜けてゆく時。

 二条のレールは黄昏の色をまとって輝いていた。

 黄昏の駅.JPG

牧草ロールのある風景(宗谷本線 糠南駅) [鉄道写真]

 小高い丘の上から、牧草地を貫く線路を見下ろす。

 白い塊は、刈り取った牧草をまとめたロールだ。

 これがやがておいしい牛乳を生み出す糧になる。

 その中を、各駅停車がゆっくりやってきた。


 牧草ロール.JPG
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

春色 (東京都清瀬市) [動物写真]

暖かな朝。

川沿いの道を歩いていると、鮮やかな山吹色が目に入った。

まだ緑の乏しい風景の中にあって、そこだけに春の色が溢れている。

花を啄むムクドリも幸せそうだ。


IMG_0112.JPG

北帰行 (北海道釧路市) [動物写真]

雪原に聞こえるいくつもの鳴き声。

ハクチョウたちの群れが、せわしなく動いている。

そして、2羽、3羽と群れの中から飛び立ってゆく。

北国に帰る道のりは、まだ果てしなく長い。

IMG_0279.JPG

視界を遮る雪 (釧網本線 塘路-茅沼駅間) [鉄道写真]


横なぐりの雪。

その場に立つことさえままならない、暴風雪の中で、

カメラを持ってその時を待っていた。

やがて見えてきた二灯の光。

厳しい天候の中、定時で通り過ぎてゆくその姿に胸を熱くした。


IMG_0459.JPG

いく筋もの光(北海道稚内市) [モノクロ写真]


強い風が吹く海沿いの公園。

風に耐えながら、その山が姿を現すのを待ち続ける。

利尻岳。

その姿を容易に見せてはくれない山は、この日も願いをかなえてはくれなかった。

諦めた私の前に、雲間からいく筋もの光が海に注ぎ、心を癒してくれた。


IMG_0015.JPG


狙い (北海道釧路市) [動物写真]


大空を舞うオジロワシ。

その目は、獲物を狙い続けている。

ターゲットを定めた次の瞬間、その体を反転させ急降下していった。


IMG_61158668985609.jpeg

たそがれのシルエット(北海道根室市 春国岱) [動物写真]

夕日が空と湖面を染める時間。

もう少しで、夜の帳が降りはじめる、昼の最後の輝き。

その時を楽しむように、タンチョウが一羽、水辺に降りてきた。

IMG_9645.JPG

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。